2017/10/18

fashion Hong Kongのランウェイショーにお邪魔してきました!~ヒカリエ@渋谷

たまには違う角度から香港エキスを注入!!
昨日、開催された【fashion Hong Kong】のランウェイショーに行ってきました。
2018年の春夏コレクションです。季節は2017年の秋なのにもうファッション業界は次のシーズンに進んでるんですねぇ。
オシャレとは全く縁がないワタクシ、このようなショーにお邪魔するのは初めてです!!
今年は香港から4組のデザイナーさんがいらっしゃったとのこと。
以前から気になっていたブランド『LoomLoop』も来るので楽しみにしていました。

会場にはオシャレなファッション業界の方がたくさん!
スーツの着こなしがオシャレだったり、靴がオシャレだったり、垢抜けた人ばかり!
デザイン学校の学生さんらしき未来のデザイナーのたまごさんたちもたくさんいらっしゃいました。
私・・・仕事帰りのOL満載ww。場違いじゃないですか?大丈夫?(笑)。

こんな間近でショーを見るのは生まれて初めてです!何故かドキドキww
いくつか写真を撮りましたが、こういうショーって本当に撮影するのが大変ですね・・・。カメラをちゃんと設定していなかったのでブレブレ~。
お見苦しい写真ばかりですがお許しください・・・もっと勉強します。

お友達がここの洋服を持っていて気になっていたブランド『LOOM LOOP(ルームループ)』。デザインの中に広東絹を取り入れたり、香港を感じるブランドです。
お人形さんみたいで可愛いデザインもあったり、下の写真はよく見ると獅子が描かれています。このワンピース欲しいなぁ。

今回のショーですごく気に入ったのがこちらMEIKING NG(メイキン・ンー)』
フェミニンでカッコいいデザインが多く、欲しくなりました!
これこれ、このワンピースが可愛い!私が着たらダメダメなんでしょうが、モデルさんがこうも綺麗に着こなしていると、私もこんな風に着れるのではないかと錯覚してしまいます(笑)。

メンズブランドのHARRISONWONG(ハリソン・ウォン)』。ここのデザイナーさん、かっこよかった!香港に3店舗もお店を構える人気ブランドだそうです!

このジャケット可愛いな、夫に着せたいけど夫が着たらこんなにかっこよくならないだろうなww。
オシャレ!という感じのデザインが多かったです。

HEAVEN PLEASE+(ヘブン・プリーズ)』は二人のデザイナーさんが立ち上げたブランド。
白を基調としたデザインが多かった気がします。この下のシマシマのカットソーが可愛くて欲しくなりました。

私のダメダメ写真だけじゃ物足りないと思うので、本日ランウェイで紹介されたファッションはこちらのサイトにプロの方が撮影した写真がすべてアップされております~。
https://www.fashionsnap.com/collection/fashion-hong-kong/2018ss/

会場の外にも他に参加されたデザイナーさんのブランドグッズが並んでいました。
カセットテープのバッグも可愛いし、目玉のスニーカーも可愛い!これ、私の友達が絶対好きなヤツだww。

ファッションのことは全く詳しくない私ですが、十分楽しめたし、香港人デザイナーさんの勢いを肌で感じました。
オシャレで遊び心のあるデザインも多く、日本でももっともっと広がっていくといいなぁと思いました。

最後にデザイナーさん全員が出てこられました~。素敵なショーをありがとうございました!

今回出演されたデザイナーさんのブランドは以下でポップアップストアがオープンしています。
気になる方、是非チェックしてみてくださいね。

◆destination Tokyo *一般入場可
期間:2017年10月14日(土)~10月31日(火)
時間:平日/11:00-22:00、土日祝/10:30-21:30
場所:東京都新宿区新宿3-38-1 ルミネエストB2F destination Tokyo

◆ラフォーレ原宿 *一般入場可
期間:2017年10月24日(火)~11月2日(木)
時間:11:00-21:00(最終日のみ19:00まで)
場所:東京都渋谷区神宮前1-11-6 ラフォーレ原宿2F Container

そして海外に住んでいらっしゃる方にも朗報!
【fashion Hong Kong】は今後、海外で開催予定です。
2017/11は台北、2018/2はニューヨーク、ラスベガス、ロンドン、コペンハーゲン、2018/3はパリ、上海。
パリに住んでいるスタイリストの友達に教えなきゃ!!!!
詳しい日程などは公式サイトでチェックしてくださいね。

公式サイト:http://www.fashionhongkong.com.hk/

違う角度から見た香港、とても新鮮でした。
いい刺激をいただいたので、いろんな角度からの香港をお伝えしていきたいなと思います。出来る限り・・・ww。


https://www.instagram.com/hongkongunchiku/
http://www.tripuuu.com/?author=19









2017/10/17

香港製クラフトビールが豊富なビアショップ~Craftissimo@上環

自他共に認めるビールラバーのウンチクです。
香港では最近、メイドイン香港のクラフトビールが増えていていろいろ試していますが、まだまだ置いてあるバーや販売しているお店が限定されてしまいます。
で、以前『香港魂』さんがfacebookにアップしていたお店がどうしても気になってしまって、連れて行っていただいたのがココ【Craftissimo】
上環の太平山街をちょっと入ったところにあるビアショップ兼ビアバー。
メイドイン香港のクラフトビール、今回はお土産に買って帰るんだ!!

お店の前にもテーブルがあったり、お店の横にはプチカウンターがあり、ここでもビールが楽しめます。販売しているビールをそのままこちらでいただくことも可能なようです。
私も購入したときにレジのイケメンお兄さんに「飲んで行く?」と聞かれました。

まぁとにかく種類が豊富!香港のクラフトビールってこんなに種類があるんだ!!と逆に驚きました。

お値段も結構お手頃です。
散々悩んだ挙句、購入するのは1本と決め、更に悩みに悩んでその1本をチョイス。
それは・・・。
ヤングマスター(少爺/Young Master)「CLASSIC」にしました。29HKDでした。
ちょっとサッポロビールのサッポロクラシックっぽいロゴww。なぜコレにしたかというと・・・。
完全にジャケ買いww。この九龍城を思わせるイラストがとても気に入ってしまったので!

キャップも可愛い!ヤングマスタービールのイラスト入り!これは絶対に捨てられないですww。

店内にはビアグラスも販売しています。本当は欲しかったけど割れ物は今回は断念。
次回行ったら絶対買おうと思います!

太平山街周辺をお散歩途中にここで軽く一杯飲むもよし、お土産用に買って帰るもよし。
でもこんな重いもの買ったらこのあと街歩きするのが大変だよ・・・という方。
10HKDでこのビール用バッグが購入できます。6本まで入ります。
まぁさすがに6本買ったら、一度ホテルに持って帰えることをオススメします(笑)。

もちろん、香港以外のクラフトビールも置いてます。
結構面白いビールもあるので、ビールラバーの香港迷さんにはオススメかもしれません!
公式サイトには取り扱っているビールリストが出ているのでチェックしてみてくださいね。

お店の場所ですが、太平山街には面しておりません。
西營盤方面から太平山街を中環方面に進み、ポークチョップの美味しい「科記」を超えて階段を登って10mくらい先の路地を右に曲がるとお店が見えます。
MTR上環駅と西營盤駅のちょうど中間、どちらからも徒歩10分くらいです。
尖沙咀にも支店があるようです。

味見は後日ご紹介しまーす。

【Craftissimo】
住所:上環太平山街22-24号
(Shop D, G/F, 22-24 Tai Ping Shan Street, Sheung Wan)
営業時間:12:00~21:00(金土は22:0まで)
公式サイト:http://craftissimo.hk/

◆尖沙咀
住所:Shop A1, G/F, 11A-11D Hart Avenue, TST
営業時間:11:00~21:00



https://www.instagram.com/hongkongunchiku/
http://www.tripuuu.com/?author=19









2017/10/13

老若男女が楽しめるスカっとカンフー映画~映画『燃えよ!じじぃドラゴン/龍虎激闘』

なんだか無性に広東語が聞きたくて香港映画鑑賞。
ずっと観たかった【燃えよ!じじぃドラゴン/龍虎激闘】をやっと鑑賞できました。
2011年香港のアカデミー賞『香港電影金像奨』で最優秀作品賞と最優秀助演男優賞、女優賞など4部門を受賞した作品!
日本でもDVD化されていますが、なかなか近所のレンタルDVDに置いてなく。
やっとCATVで放映されたので助かりました!!

映画の予告はこちらです。


<あらすじ>
不動産会社に勤めるチョンは、仕事で訪れたへんぴな村で、2人の武術家ソンとセンと出会う。彼らが喫茶店を営むかつての武術道場では、彼らの師匠ローが30年間も眠り続けていた。しかし、そのローが突然目を覚まし、チョンを自分の弟子と勘違いして猛特訓を始めてしまうのだが…。 -allcinemaより抜粋-
広東語のタイトルは『打擂台』。日本語タイトルがちょっと残念ですねぇ~。
「燃えよ~」と使うのはもうやめようよ~(笑)。

サエない不動産会社勤務のチョン。仕事もダメダメで会社で煙たがられる存在。かつてはいじめっ子だったという設定。弱い自分を変えたくてカンフーを習いたいと思っている。演じるのはウォン・ヤウナム(黄又南)。『ハリウッド★ホンコン』に出てたの?全然気づかなかった!

そんなチョンにいじめられていたハナクソ。チョンにいじめられたせいで、首のコルセットが外せないってのはちょっと可哀想じゃないかなぁ。
いじめられてアメリカに渡り、再会したときは力も地位も逆転!
演じるのはMC Jinの名で活躍しているラッパーです!!!

チンピラに絡まれていたチョンを助けた元武術家ソン。演じるのはブルース・リョン(梁小龍)。
1970年代は『帰ってきたドラゴン』を始め、多くのカンフー映画に出演したカンフー俳優。しばらくは銀幕から遠ざかっていたけど、『カンフーハッスル』あたりからまた映画の仕事に復活!あのメチャクチャ強いじじぃです(笑)。

今はしがない茶館の親父だが、ソンと共に眠っている師匠を30年も待っているセン。
彼を演じているのはこれまた往年のカンフースター、チェン・カンタイ(陳観泰)。
彼も1970年代は『嵐を呼ぶドラゴン』を始め、多くのカンフー映画に出演。2006年辺りからまた映画界に戻ってきました。
渋いオジサン、ちょっとサイモン・ヤムに似ている。

30年も眠っていたのにひょんなことで目覚めるロー師匠役はテディ・ロビン(泰廸羅賓)。
彼は元々は歌手だったんですねー。1980年代から俳優業にも進出。
病気のせいで小柄な身体と特徴のある声が印象的。

この茶館の客や対戦相手の社長、ロー師匠を見守るフェイさんなど、脇を固めているのも往年のスターたち。これは昔のカンフーファンの人は楽しめるかもしれないですね。

そして、この映画の製作総合指揮はなんとアンディ・ラウ!
製作にはラム・カートンも加わっているという出演陣だけじゃなく、製作陣も豪華です!

ブルース・リャンが着ている「維他奶」のTシャツ、欲しい!!!!!

30年の眠りから覚めたロー老師は記憶も30年前のまま。
かつての弟子であったセンとソンのことは忘れ、チョンを弟子だと思い込みます。
そしてひょんなことから武術大会に出場するkとになり、ロー老師の猛特訓が始まりますー!もうとにかく憎たらしいんだっ(笑)。でも憎めないんだよね~。そして女の子には優しいww。

人情アリ、笑いアリ、カンフーあり、涙アリで老若男女が楽しめる映画。いろんな要素を盛り込んでいているけど詰め込み感がない!非常にバランスがよい映画だなーと。
「私、カンフーとか興味ないんだけど」っていう女性でも十分楽しめると思います。
私もそんなに詳しいわけじゃなかったけど、すごく面白かった!!スカっとしました!!

香港らしい街並みや風景がバックにあるわけじゃないけど、昔懐かしい茶館の店構えと広東語が十分癒してくれます。
秋の夜長の映画鑑賞にオススメの一作です。

この郊外の撮影場所、どこなんだろうなぁ。気になる。


https://www.instagram.com/hongkongunchiku/
http://www.tripuuu.com/?author=19