2017/07/26

え?公衆トイレの裏に茶餐廳?~名前は別途@西營盤

先月、香港に行ったときに『香港魂』さんと街歩きをしました。
『香港魂』さんはいつも「これいいよ、是非ブログで日本の香港迷さんに紹介して!」といろいろ教えてくださるので、いつもオススメが楽しみです。
今回は『香港魂』さんとのコラボ記事!なので敢えて店名を伏せておりますのでご了承を。『香港魂』さんのページで店名がわかります~。

今回は私が大好きな西營盤で見つけた穴場に連れて行ってくださいました。
「Kaoriさん、ここだよ」って言われたけど・・・ここって公衆トイレですよ??
「こっちこっち!」と言われて公衆トイレの脇の道を進んでみます。本当に?こんなところに?
いやいや、マッサージ屋の入り口しかないですよ?
あれ?奥に進むと建物が!!!2-3軒の古い建物が並んでます。
うわ!本当にあった!こんなところに茶餐廳があるなんて誰が思うでしょうか!

古い建物をリノベーションして、新しくオープンしたばかりのようです。
レトロな冰室の雰囲気を再現したお洒落な茶餐廳です。

ライトが可愛い~。街市にある赤いライト「紅A」をイメージしたのかな?欲しいです。
もちろん、お食事もあります。雲呑麺とかありました。ただ、訪問したのがランチが終わった後で厨房スタッフが買出しに出かけているとのことで、とりあえずビールをいただきました。
このビール、『鹹檸啤』というビールです。初めて飲みました。
直訳すると「塩レモンビール」なのですが、ほんのりと酸味があって檸檬というか梅のような味わいでした。少し独特な味なので好き嫌いが分かれるかもしれませんが、私は好き!暑い夏にはいいかも!
(zstoreサイトから引用)
香港のクラフトビール会社少爺麥啤(Young Master)」が販売しているビールみたいですね。こちらの会社のビールを販売しているお店やレストランは「少爺麥啤」のサイトで紹介されていますので、ビール好きな方はチェックしてみてください。
◆少爺麥啤公式サイトhttps://youngmasterales.com/

時間がなかったので食事はしませんでしたが、後ろに座っていた女性たちが頼んだ麺が美味しそうでした。次回はリベンジしたいなー。
カトラリーが引き出しに入ってるのもいいですね。

さて、気になるお店の名前は『香港魂』さんの今日の記事で紹介されています。
こちらをご覧ください。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
https://ameblo.jp/hongkongsoul/entry-12295341156.html

まだガイドブックにも出ていないホヤホヤの最新情報、嬉しいですね。
公衆トイレの奥に「何かあるかも?」と入っていかれた『香港魂』さんの探究心は見習いたいと思います!
何度もこの前通ってるけど、思いっきり素通りしてますから。私ww。
皆さんも何か気になったら奥まで入っていくことをオススメします~。

お食事メニューの量は多くありませんが、ビールやワインの他、コーヒー、中国茶などがあるので、ちょっとカフェ代わりに使うのも良いと思います。
お昼から営業で夜も閉店が比較的早いですのでご注意くださいね。
西營盤街市の前の公衆トイレの裏です!


【名前は内緒】
住所:西環西營盤爹核里4號地舖
(G/F, 4 David Lane, Sai Ying Pun)
営業時間:12:00-21:00



https://www.instagram.com/hongkongunchiku/
http://www.tripuuu.com/?author=19









2017/07/24

2025年の香港を描いた社会派作品~映画『十年(2015年)』

2016年に香港で公開された映画【十年】
東京でも7/22(土)より公開されたので行って来ました。

【十年】は2025年の未来の香港を描いた作品。5作の短編作品から構成されています。
制作費は750万円、1館から上映を開始し最終的には6館で8週間上映されました。
2016年の「香港電影金像奨(香港のアカデミー賞)」では最優秀作品賞を受賞した話題作です。

1話目:エキストラ
2話目:冬のセミ
3話目:方言
4話目:焼身自殺者
5話目:地元産の卵

どこまでここで書いていいのか・・・いろいろ考えましたが多くを語るのは辞めておきます。とにかく観て欲しい作品です。香港を知っている人にも、香港に行ったことが人にも、多くの日本人に見てほしいと思いました。
香港の人は日本のことをよく知っています。歴史から文化、観光地、食事・・・。
でも私たち日本人はどのくらい香港のこと知っているでしょうか?
夜景がきれい?飲茶が美味しい?ディズニーランドがある?・・・それだけではありません。

とても切なかった、涙が溢れました。決して後味がいいとは言えませんが、とても良い映画でした。観てよかったと思います。


撮影された監督さんと出演された俳優さん、プロデューサーさんには拍手しかありません。
2025年にはこうなっているのではないか・・・本当にそう思います。観ていて本当に心臓がバクバクしました。
8/19からは横浜で、それ以降も宮城、愛知、関西地方にて順次上映するようです。
詳しくは【十年】の公式サイトをご覧ください。
『十年』公式サイトhttp://www.tenyears-movie.com/

都内の香港カフェともタイアップされています。
映画の半券を持って行けば『香港時間』さんではエッグタルト1個無料、『3米3』さんでは食事代が10%OFFになります(期限がありますのでご注意ください)。
また、両店のレシートを持っていけば、映画料金が200円ほど割引になるそうです。

香港に少しでもよい未来がありますよう。
それしか言えない。でもそれしか願えない。

K'S Cinema
住所:東京都新宿区新宿3丁目35-13 3F
K's Cinema公式サイトhttp://www.ks-cinema.com/movie/tenyears/
*ネットなどで事前にチケットは購入できません。


https://www.instagram.com/hongkongunchiku/
http://www.tripuuu.com/?author=19






2017/07/21

1個10HKD!ちょっとお高めなエッグタルト~酥妃皇后@九龍城

春頃、フォローしているInstagramの新假期(weekendweekly)のページで気になるエッグタルトを発見!

エッグタルトが有名な『泰昌餅家』は1個7HKDでしたっけ?(結構高くなったなぁ・・・)。
昔は3HKDも出せばパン屋で買えたのに、値上がりしましたね・・・。とはいえ、100円くらいで食べられるのだから日本に比べたらまだまだ安いかな?
1個10HKDは結構お高めですが、368層のパイ生地のエッグタルトって惹かれる~!私、パイ好きなのです。
今回の渡航で絶対行こうと計画していたところ、『香港時間』のVictorさんにも「KAORIさん、ここ知ってる?美味しいよ」と教えていただきました。
九龍城に住む妹さんのオススメだそうで、それなら味は保障されたもんだ!!

新しくオープンした酥妃皇后(Queen Sophie)】は九龍城街市のすぐそばです。

エッグタルトはもちろん、各種パイがたくさんありますね。ケーキもありました。
これこれ、これを食べにきました!
ギョギョっ!ドリアンタルトもある!!!18HKDとお高めですが、ドリアン好きな方、お試しを~。私は遠慮しまーすw。
うわー!これも食べたいなぁ・・・チーズタルト!迷ってしまう・・・。
店内奥にイートインスペースがあります。カウンターなので立食のみです。お水も置いてくれてるので助かります~。
夕方でしたが次々とお客さんが買っていっていました。香港男子も多かったです。
とりあえず晩御飯に行く前だったので、エッグタルトをひとつだけ。
10HKDですが、通常のエッグタルトにくらべるとちょっとサイズは大きめな気がします。食べ応えありますね。
こりゃサックサク~!私は結構好きですね。食べ応えがあって美味しかったです。
マカオ式とはまた違っていい!カスタード部分も甘すぎなくてちょうどいい!

近くに住んでいたら1週間で店内のパイを制覇してしまいそうだわ・・・。

たまにはちょっとシャレオツなエッグタルトもいかがでしょうか?
九龍城はよく行くので今度はチーズタルト食べてみたいです。

【酥妃皇后】
住所:九龍城侯王道24號地舖
(G/F, 24 Hau Wong Road, Kowloon City)
営業時間:10:00-20:00


https://www.instagram.com/hongkongunchiku/
http://www.tripuuu.com/?author=19