2017/03/29

初香港でビギナーさんに驚かれた香港風景

自分は見慣れてしまったけど、初めて香港を訪れる人と一緒だと「あれはどういう意味?」「なにあれ!面白い!」と敏感に反応してくれて、初心に返ることが多々あります。
自分も同じように衝撃を受けた!面白がったことを思い出したいなぁと思います。
今回は初めて香港に連れて行った友達や家族が驚いたネタを主にお話しますね。皆さんも「あるある!」かな?

トップ画像は飲茶で行われる儀式【洗杯(サイブイ)】
いきなり大きな器とお茶を持ってこられたときは、何するの???と頭がクエスチョンマークでした。高級レストランやチェーン店などでは行わないところもありますが、ローカルなお店ではまだまだよく見かけます。
【洗杯】とはお皿を洗うこと。現在では非常に衛生的な香港ですが、昔、衛生状態がよくなかった時代にお店で出された食器をお茶で洗っていた名残です。
お茶は殺菌作用がありますからね。
こうして器に食器や箸を入れて、お茶をかけて殺菌します。終わったらTempoティッシュで拭く!だからTempoは必需品なんですよ~。
飲茶だけじゃない!ローカルレストランで出てくることもあります。
私の香港人の友人はが【洗杯】上手なので彼女と一緒のときはお任せしちゃうんです。
だって、すっごく少量のお茶で綺麗に綺麗に洗ってくれるんです。これはやはり時々やる程度じゃ身につかないなぁ・・・。ビールグラスも洗っちゃうよ!
【洗杯】はなんとなく残ってる儀式みたいなものなので、無理に行う必要はありませんよ。でもやり方がわからなくて、隣のおじさんに教えてもらって・・・っていうのも楽しい!

皆さんご存知の【Super Dry極度乾燥(しなさい)】。初めて見たときは絶対にコピー商品だと思いましたよね?
実はちゃんとしたイギリスのアパレルブランド。そこそこの価格なのでセレブもご愛用のブランドなのです。
ブランド名の由来は日本のビール・アサヒスーパードライからインスパイアされたそうです。ただ商標問題などいろいろ揉めているようで、日本では出店も輸入販売も出来なくなっているとか。欲しい方は香港で購入したほうが無難です。

ホテルにバスタブがない!!!
お風呂大好きな日本人にとって、ホテルにバスタブがないのはあり得ないという方もいらっしゃるかな?
私はあまりこだわらないので、なくても全然苦ではありませんが、時々ホテルレビューを見ていると「バスタブがなくて残念」とか「お風呂に浸かりたかったのに」なんてコメントをよく見ます。
もちろん、バスタブがない家もあります。お風呂に浸かるという習慣が香港にはないですからね。

街市に行ってギョエー!となった人は多いと思います。
香港の市場にある肉屋さんでは、肉が解体されて部位ごとに売られます。
時々解体現場にも出くわしますが・・・・。
日本ではスーパーでパックになってるか、肉屋さんでもカットやスライスして販売しているので、あまり塊を見ることがないですよね。
香港人は肉、魚、野菜は街市で買う人が多いかな。いつも新鮮なものが売られていますからね。うらやましい環境です。

建築現場が竹で覆われてる!えー!竹なの?大丈夫なの?と私も初めて見たときは衝撃でした。
決して適当なわけでもなく、貧しいわけでもなく、竹の足場を使っているのにはちゃんとした理由があります。そしてこの足場を組むには国家試験をパスしないといけません。
湿度の高い香港では竹が水分を含んでとても丈夫になること。鉄パイプなどの足場では湿気で錆びてしまうこと。高層ビルの多い香港では竹のほうが軽く運べること。何度もリサイクルできるので経済的なこと。
非常に効率的に考えられた上での「竹の足場」なのです。
時々あまり香港を知らない方が「えぇー!竹の足場なんて大丈夫なの?怖い!」とおっしゃるのですが、全然怖くないし大丈夫なんですよ~。声を大にして伝えたい!
ただ、足場を組める技術者が高齢化しているとの話も聞くのでちょっと心配です。

高カロリー間違いない、香港のローカルフード【西多士(サイドーシー)】
厚揚げじゃないですよー(笑)。
初めて夫に食べさせたときは衝撃を受けていました。私、初香港の人を連れて行くと必ず日本にはないものを食べさせちゃうクセがありますww。
(雞蛋仔とかツバメの巣とかカエルの卵巣とかそんなスイーツ系の優しいものです)
これは香港式フレンチトーストです。皆さんがよく知っているフレンチトーストとの違いは・・・揚げてあることですかねぇ・・・。
油で揚げて、たっぷりのバターと蜂蜜、間にピーナッツバターやカヤジャムが挟まっていることもあり、高カロリーとわかってますが香港滞在中だけは目をつぶって食べちゃいます。
この前行ったとき、久々に食べたのですがあまりにもサイズが多すぎて1/4ほど残してしまいました。・・・全部食べたら別の意味で後悔してたかも!

暑くなると出現する~。上半身裸のおじさん!!!もう見慣れちゃってるしww。
でも初めて見たときは「何で裸なのぉぉぉ!」と目のやり場に困りました。
作業しているオジさん、オニイさん、そろそろ出没する時期になりますね。むふふ。

香港で上映されるハリウッド映画はタイトルも俳優名も広東語で書かれます。
マット・デイモンファンの夫が「マット・デイモンってこういう漢字なんだね!新鮮だ!」とすごく喜んでました(笑)。
広東語で「麥迪文(マッ・ディーモン)」と書きます。当て字です。
でも私も初めて映画のタイトルや俳優名を広東語で見たときは新鮮だったなぁ。
トム・クルーズの映画「ミッション・インポッシブル」の広東語訳が「不可能的任務」と見たときに、そのまんまじゃん!!!と笑ってしまった~。

また次にビギナーの友達を連れて行くときは、私も初心に返って一緒に刺激を受けたい!


https://www.instagram.com/hongkongunchiku/
http://www.tripuuu.com/?author=19









2017/03/28

街市の上の鮑魚王子のお店~銖記海鮮飯店@跑馬地

街市の上で初めてご飯を食べたのは、実はこのお店です。
日系企業に勤める香港人の親友が「今、ここが人気なのよ」と連れて行ってもらったのが、跑馬地(ハッピーバレー)の街市・黃泥涌市政大廈内にある銖記海鮮飯店
鮑魚王子(アワビ王子)がいるお店ということで有名なのです。
アワビ王子とは料理人・陳松輝さんのこと。アワビに長けた方の下で修行をしたことから、その師匠はアワビ大王、陳さんは王子と言われるようになったそうです。
看板に顔写真が出ているこの方がアワビ王子!
数々の賞を獲っている素晴らしい料理人さんです。私はまだお会いしたことはありません。

最近はどうでしょうか?以前行ったときはとにかく予約必須でディナータイムともなるとこの盛況ぶり!高級食材を扱いながらも街市の上なのでとてもリーズナブル。
跑馬地は高級住宅エリアですが、近隣に住む芸能人や日本人駐在員にも人気のようでした。

オススメメニューその①。『原盅雞燉翅』(フカヒレと鶏肉のスープ)。以前行ったときは予約制でした。小ぶりなフカヒレがこれでもかーっというくらいギッシリ詰まっていました。鶏肉とフカヒレのコンビがいい!メチャクチャ美味しかったです。

オススメメニューその②。『金牌鳳沙雞』(ローストチキンのガーリックのせ)。
パリッパリのチキンにこれでもかというほど盛られたガーリックチップ。
こんなにガーリックをのせても胃もたれしないから不思議です。このチップをお粥に入れて食べるのが美味しいんですよね~。
このチキン、本当に美味しかったですよ。

シーフードレストランなので『椒鹽瀨尿蝦』(シャコの塩コショウ揚げ)もオーダーしました。プリプリで旨し!

メニュー名失念!これは今でもあるのでしょうか?
『海老のガーリック蒸し』ってとこかな。開いた海老ににんにくをたっぷりのせて蒸してます。
実は海老嫌いの友達と行ったので甲殻類は避けていたのですが、これだけオーダーさせてもらいました。シャコは食べれるんだって。美味しいんだって。海老は泥くさくてダメなんだって。私には違いがわかりません・・・。

『豆苗』も日本の細い細いヤツとはぜんぜん違うー。緑が濃くて美味しいです。

あれ?あれれ?アワビ食べてないじゃない?
えぇ、食べてません(笑)。友達が予約してくれて、アワビが有名なお店だったなんて知らなかったし←完全友達任せ、アワビはそんなに興味がないし←基本苦手。
海鮮料理店を謳ってるけど、チキンの美味しいこと美味しいこと!大満足でした。
しばらく行ってないので近々行きたいな~。
私が行ったのは2008年頃なので、その頃に比べると値段はかなり上がっていると思います。
当時価格は参考にもならないと思いますが、これでビール飲んで4人で1万円してない記憶(酒飲みばかりだったので炭水化物のオーダーはなしww)。

街市の上ってビギナーさんにはハードルが高いかもしれませんが、ここの街市は比較的綺麗だし、メニューには写真も出ているのでオーダーしやすいかもしれません。

お店への行き方ですが、銅鑼灣から歩くと20分くらいかかります。
トラムで「跑馬地」行きに乗って終点まで行けば、そこから徒歩3分くらいです。

【銖記海鮮飯店】
住所:跑馬地毓秀街2號黃泥涌市政大廈2樓熟食中心4號舖
(Shop 4, Cooked Food Centre, 2/F, Wong Nai Chung Municipal Services Building, 2 Yuk Sau Street, Happy Valley)
営業時間:11:15-13:30、17:00-24:00



https://www.instagram.com/hongkongunchiku/
http://www.tripuuu.com/?author=19









2017/03/27

香港最終日の過ごし方~ウンチクの場合


名残惜しい名残惜しい香港最終日。朝起きるときから憂鬱です。このままパスポートがなくなればいいのに・・・といつも思ってしまいます。
そんな最終日、最後の最後まで有効に使って香港を満喫したいですよね。
早朝便~午前便で帰国される方は残念ながらあまり満喫できませんが、午後便~夜便で帰る方はどう過ごしてますか?
過去の私の最終日の過ごし方を記載しておくのでご参考に!

■朝ごはんを食べる■
ホテル周辺でもいいし、気になっているお店でもいいし。
茶餐廳は朝早くから営業しているので行きやすいですね。
また飲茶も早朝から食べられるので、最終日の朝ごはんは一人ならば茶餐廳で、複数なら飲茶です。

もし、早朝便などで帰国される方。朝5時にはホテルを出発するとか、とてもじゃないけどまだ目覚めていない香港の街を楽しめませんよね。
そんな皆さんには、予め前日に香港らしい朝ごはんを購入しておくことをオススメします。
エッグタルトとかパイナップルパンとか。雞蛋仔もオススメ。朝起きて香港のパンが食べられるのも幸せです!
Vita(維他)などの香港ドリンクもセットで是非!

そんな時間もない!なんて方、空港で最後の朝ごはんをどうぞ!!
空港ですから早朝から営業しているレストランもあります。街中に比べるとちょっと割高な感じですが、それでも最後まで香港飯が食べたいですよね。

■ホテル周辺を街歩き■
香港滞在中はホテルには寝に帰るだけの私なので、最終日くらいはホテル周辺を探検したいなぁと思っています。
私は渡航の度に宿泊先が異なることが多いので、面白い発見もあったり、新たにお気に入りになる街もあります。
昨年、訪れた土瓜湾は私が気に入ったエリアのひとつ。
ホテルがわかった時点で、ホテル周辺に何があるかは事前チェックしますが、思いがけない発見もあったりして、そういうのって楽しいですよね。
今年はどこに泊まろうかなぁ。また新しい出会いがあるといいな。

■近所のスーパーへ最後の買出し!■
買い残したものはないですか?ホテルをチェックアウトする前に、近くのスーパーに寄って最終確認します。
この時点でほぼスーツケースのパッキングは終わっているので、スペースに余裕があればもう少し買っちゃいます。
液体類(XO醤などの調味料も含む)はここで買ってスーツケースに梱包しないと、手荷物では液体類は持ち込めませんからご注意。

<耳より情報>
チェックインを済ませた後に液体類を買ってしまった場合、とても助かるサービスがあります。預け荷物として梱包してくれるカウンターが出発ロビー・キャセイカウンター脇にありました(2016/10現在情報)。
私はチェックイン後でXO醤を購入しまい、手荷物として持ち込めないのでお願いしに行ったのですが、エアーパッキンとダンボールで梱包してくれて50HKD。オクトパスカードでも支払い可能です。ダンボールの大きさで値段は変わってくるようです。
それを持って、再び搭乗するエアラインのチェックインカウンターにて預け荷物の追加をお願いします。
うっかりやっちゃった方、少し手数料はかかりますが泣く泣く捨てる必要はないですよ!

■インタウンチェックインをする!■
香港ではAEL(エアポートエクスプレス)駅の香港駅と九龍駅にてインタウンチェックインが可能です。
飛行機への預け荷物はここでさっさと預けてしまい、身軽で最後の香港滞在を満喫する香港迷さんも多いですよね。出発時間の24時間前よりチェックインは可能です。
LCCはバニラやピーチなどチェックイン対応していないエアラインがありますのでご注意ください!(香港エクスプレス航空はチェックイン可です)
<注意>
チェックインカウンターに入る前に、AELの改札をくぐります。このときにAEL料金がマイナスされます。チェックイン後、MTRで別の場所に出かけて改めてAELを利用する場合でも再度AEL料金を取られることはありません。
これがいつも不安で・・・2回料金取られてるんじゃないかって思ってました(笑)。
チェックインした後に空港までバスで行っちゃったりするともったいないのでご注意です。
インタウンチェックイン時には先にAEL料金が徴収されると覚えておいてくださいね。

■空港に早く到着して空港探検する■
今ではギリギリに空港に到着することも多々ありましたが、最近は結構余裕を持って空港に向かうことが増えました。というのも、空港をいろいろ探検したいから!
出国手続きを済ませたあとで、ショップを巡るのが日課になっています(そのくせ何も買わないww)。
最近、気になっている第2ターミナルはアミューズメントが充実しています。
まず航空探知館(Aviation Discovery Centre)』。航空マニア以外でも楽しめると聞いています。しかも入場無料!子連れの方にもオススメかも。私も行ってみたい!
そして映画館『UA IMAX』があります。飛行機がDelayしたときとか、乗り継ぎで街中に行くほどの時間がないとか、そういうときに利用できそうですね。
子連れの方にオススメなのが童夢城通識学園(Dream Come True Education Park)』は日本で言うところのキッザニアのようなところ。
現在、こちらでは合味道作りが体験できることで、子供のみならず大人にも人気。
出前一丁のワッペンってまだ売ってるかなぁ~。

時間が気になって最終日は遠出はしにくいですが、それでも十分に最後まで満喫することは可能ですよね。
今年の香港滞在も最初から最後までアクティブに行くぞ!!
次の香港はもう少し先・・・。


https://www.instagram.com/hongkongunchiku/
http://www.tripuuu.com/?author=19