2015/02/28

旧正月はまだ終わりませんよ!

あぁ~、旧正月ももう終わっちゃったな~と思ってる方!
まだ終わってません!

お休みは終わりましたが、旧正月期間は15日間あるんです。
今年は2月19日から3月5日までが旧正月なんです。
まだあと1週間ありますね(^^)

今の時期はちょうどランタンフェスティバルが開催されています。
尖沙咀・プロムナードにある香港文化中心前の広場にたくさんのランタンが飾っていますよ。
(3/5までです)
旧正月の最後を締めるのが【元宵節】。新年最初の十五夜で、最近ではチャイニーズバレンタインデーと呼ばれています。香港の至るところで燈篭(ランタン)が飾られ、中秋節のランタンとはまた違って、とてもロマンチックです。

そして・・・ 【元宵節】が終わると、クリスマスから続いた年末年始のイルミネーションも元に戻ります。
期間限定「200万ドルの夜景」もあとわずか!
これが終わるとようやく「正月が終わった感」を感じるのは私だけでしょうか?


↓ポチっと押してもらえると励みになります♪

にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
にほんブログ村

2015/02/27

オススメの奇華餅家で何を買うべきか?


香港土産の定番として、いろんなガイドブックでも紹介されている中華菓子店の奇華餅家。とりあえず、ビギナーもリピーターもココに行けばいいし、店舗もたくさんあるから便利。最悪、空港のお店で買えばいいんです。
日本人の口に合う「中華菓子」が多く、ファンも多くて、最近ではAmazonで発売されていたり、輸入代行業なんかも結構増えてるみたいですね。
(あまりの高額にびっくりしました・・・ものによっては現地価格の倍以上!)

私も初めて行く人に「お土産買うのにいいよ!」と勧めてますが、何が美味しいんだ?何がオススメなんだ?何を買えばいいんだ?と思いますよね。
定番から、私の秘密のオススメまでちょっとご紹介!



【鳯梨酥(パイナップルケーキ)】
台湾で有名な「鳯梨酥」ですが、こちらのお店の「鳯梨酥」 も凄く美味しい!私が初めて香港で見つけてから15年あまり、行くと必ず買ってくるお気に入りです。
タルト生地の中にパイナップルのジャムが入ったケーキと言えば、分かりやすいかもしれません。
パイナップル味以外にも香港らしい「香芒(マンゴー)味」と「蜜瓜(メロン)味」もオススメです。


 【熊貓曲奇(パンダクッキー)】
ガイドブックに必ずと言っていいほど出ている定番土産(笑)。でも実は最近まで食べたことなかった私・・・・。
クッキーがサクサクで美味しい!DFSなどに類似商品がありますが、絶対【奇華餅家】のほうが美味しいことは間違いないです。最近はこのパンダの缶が定番ですが、ペンギンクッキーもあり!



【馬仔(マーザイ)】
日本で言うポンポン菓子?おこし?のようなものでしょうか。
でもフワフワっとしていて、絶対日本人が好きな味です。



【茗茶薄片(お茶クッキー)】
烏龍茶、緑茶、ジャスミン茶などのお茶クッキー。これが本当に美味しいです。
お土産にも結構評判いいですよ。



【杏仁餅(アーモンドクッキー)】
これはマカオの名産ですが、ココのもとても美味しいです。ボロボロするので喉が渇くかしら?でも私は大好きです。
 

【香港情】と【香港心】
数年前に発売した詰め合わせ。
「えぇ~、どれがいいのかしら?迷っちゃう!」そんな人には、 【奇華餅家】の美味しいもん詰め合わせのこの2種がオススメ。
パッケージもスターフェリーとか香港の風景がかかれてて、お土産らしくて喜ばれますよ。
写真は【香港心】です。


ココまでは定番ですね。
あとはちょっと自分用に買うのが・・・

【牛油曲奇(バタークッキー)】
香港行くたびに必ず買ってるけど、【奇華餅家】で【牛油曲奇】を買ってる日本人は私だけなのではないかと思うほど知られてない(?)。香港駐在時代に先輩駐在員に教えてもらってからこれ一筋!当時は8HKDだったけど、今は倍近い値段に・・・。それでもサックサクでバター風味が良くて大好きです。

【ココナッツのお団子】
すみません、広東語名は失念!
ココナッツをまぶしたこの団子が柔らかくてすこぶる美味しい!
中身はピーナッツだったり、あんこ(紅豆)だったり、いくつか種類がありますが、私のお気に入りは黒胡麻~!賞味期限が短いので、買ってすぐにホテルで食べるのフワフワで美味しい~!


あと、ベーカリー系も結構美味しいです。
観光エリアではないお店に行くと、ベーカリーも結構充実してますよ。
・・・【奇華餅家】も日本に進出して欲しいお店のひとつなんですが、絶対むりでしょうね。



↓ポチっと押してもらえると励みになります♪

にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
にほんブログ村

2015/02/26

お知らせ

いつも【香港ウンチク話】ブログを読んでいただき、ありがとうございます。

先日、【香港ウンチク話】Twitterに掲載している我がサイト所持の写真が、同じTwitter内で大量に無断転載されている事件がありました。
相手方には無断転載を止めていただくようコメントし、Twitter側にも通告したのですが、相手方からは何の反応もなく(BOTみたいです)、私がすべての写真にちゃんと私の「著作権」を意味するサインをしていないがために、「著作権侵害ではない」という判断になり、写真を削除してもらえないという何とも後味の悪い結末になりました。
また、少し前に【香港ウンチク話】Facebookに掲載されている写真を勝手にFacebookのプロフィール写真として使われるということもありました。
(こちらは相手方にお願いし、快く削除していただきました)

【香港ウンチク話】 には私が撮影した写真以外にも、一緒に香港に行った友達、香港に行った香港仲間、【香港ウンチク話】のファンの方などから「是非サイトで使って!」「この写真を紹介してください」とで無償提供していただいた写真が非常に多く、それらの写真を勝手に無断転載されることは、友人やファンの方のご好意を踏みにじるようでとても悲しいです。
また、私に自身「著作権」に対して非常に勉強不足だったこともお詫びします。

こちらのブログにアップする写真も、いつどのように無断利用されるかもわからないので、本日よりこちらにアップする写真には「この写真の著作権は私にある」というサインを分かりやすい箇所に記載することにしました。
せっかくの写真が少し見えにくくなるかもしれませんが、皆さんにいただいた貴重なお写真を守るためにも、ご理解いただけると幸いです。


香港ウンチク話 KAORI




↓ポチっと押してもらえると励みになります♪

にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
にほんブログ村




香港迷なら観て欲しい映画~ウォン・カーウァイ三部作


私が香港にハマッたきっかけは映画でした。90年代の映画はたくさん観ました。
香港迷さんの中には香港映画をあまり観たことない人も多いと思います。
良ければ、是非観て欲しい映画をいくつかオススメさせてください。
もっと香港が好きになるかもしれないですよ〜♪

ウォン・カーウァイ監督は大好きな映画監督の一人。
最近では【グランドマスター】でメガオフォンを取ってますが、90年代に撮影されたこの三部作は是非見て欲しい作品です。

恋する惑星/重慶森林】
言わずと知れた名作。二つの恋愛模様が描かれています。
前半は失恋した警官の金城武と、麻薬ディーラーの謎の金髪女、ブリジット・ウォンの出会い、後半は恋人と別れたばかりの警官、トニー・レオンとそんな彼に恋をしたフェイ・ウォンのストーリー。
前半の舞台は重慶マンション、本当はもう1話あって3話になる予定だったそうですが、脚本を書き直して作られたのが続編の天使の涙/堕落天使】なんです。
後半の舞台は蘭桂坊のデリ「ミッドナイトエクスプレス」。ココは現在、セブンイレブンになってます・・・。中環の街市、ヒルサイドエスカレーターなど90年代の香港を楽しめる一作。

欲望の翼/阿飛正傳】
出演陣がかなり豪華です!
レスリー・チャン、アンディ・ラウ、マギー・チャン、ジャッキー・チュン、トニー・レオン、カリーナ・ラウなど90年代を代表するスターが勢ぞろいです!
1960年代の香港を舞台にした若者たちの恋愛模様。私が大好きな作品です。

楽園の瑕/東邪西毒】
2008年に別編集バージョンの楽園の瑕~終極版が公開されましたね。
12世紀の中国が舞台の武俠映画なのですが、とにかく映像が美しい!そしてこちらも出演陣が豪華すぎ!ほぼ【欲望の翼】と同じメンバーに加え、チャーリー・ヤン、ブリジット・ウォンが出演しています。
この映画、撮影がとてもとても長引いたようで、撮影途中にプロデューサーが同じ出演者で【楽園の瑕】のパロディ版【大英雄】を8日間で撮影したのは有名な話。コメディでメチャクチャ面白いです!

近年のレンタルDVDショップはアジア映画のほとんどが韓流に押されてしまって、香港映画も昔ほどないのが残念ですが、この3作は多種多様で非常に楽しめる作品です。
香港映画はアクション映画以外、あまりテレビでも放映されないのですが、探してでも見る価値はあるかな~と思います。



↓ポチっと押してもらえると励みになります♪

にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
にほんブログ村

2015/02/25

香港あるある~離島に乗用車がない!

香港にはたくさんの離島がありますが、海鮮料理で有名な南Y島長洲島など、大きな離島には車が走っていません!

空港のあるランタオ島も空港エリア他、たくさん車は走っていますが、外国人が多く住む愉景湾(ディスカバリーベイ)は路線バス、スーパーなどの宅配、緊急車両などを除いては規制があります。
自家用車もタクシーも気軽に入れないエリアなんですね。
その代わりと言っては何ですが、ゴルフカートが自家用車代わりに認められているという、何とも変わったエリアです。写真のように馬車もあったりして(^^)
外国人駐在員(主に欧米人)が多いせいか、環境に配慮されたエリアのひとつです。
愉景湾は面白いですね~。香港なのに広東語より英語が通用するし(当たり前か)、自然も多くて静かなので、「あれ?ココは本当に香港?」と思うこともしばしば。
【Parkn'/百佳】などのローカルスーパーも、ココの支店は欧米人向けの食材やワインが豊富です。


同じく、南Y島と長洲島も緊急車両と工事車両以外は島内に車両はありません。
島内を移動するのは自転車や、場所によってはゴルフカートです。
まぁそもそも、離島に住んでいるなら車は不要ですよね。

行列になってるバス、クラクションを鳴らしまくるタクシー、それらも香港の醍醐味なのですが、たまには喧騒から離れてのんびり過ごすのもいいですよね。
車の排気ガスからも開放されるのもいいかもしれません。



↓ポチっと押してもらえると励みになります♪

にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
にほんブログ村

2015/02/24

日本でも食べたいマンゴースイーツ・楊枝金露



香港スイーツで私が大好きな【楊枝金露】
マンゴープリン?杏仁豆腐?いやいや、香港のスイーツは誰が何と言おうと【楊枝金露】が一番!
【楊枝金露(ヨンジーガムロウ)】はマンゴーペーストとココナッツミルクを和えた中に、マンゴーの果肉やポメロの果肉、マンゴーアイス、タピオカなど入っているマンゴースイーツです。
香港駐在時代にハマってしまい、今でも大好き!滞在中1日1回は食べるか飲む!
お店によっては【楊枝金撈】と表記しているところもありますが、同じものです。
日本でも時々「アジアンスイーツ」として売ってるお店があったり、発売されたこともあるようですが、なかなか定着しないですねぇ~。マンゴープリンより美味しいのに!

【楊枝金露】という名前の由来ですが、「楊枝」は柳の枝を、「甘露」は美しい水を表しているそうです。観音様が人を救う道具のひとつだそうで、観音様の画像を見ると手に柳の枝と水の入った瓶を持っているとか。
そんな美しいものから、ネーミングされたんですね。

私は「許留山」に行ったら絶対食べるし、時間がないときは「許留山」でドリンク版を「外売(テイクアウト)」します。
あとは「松記」なんかも美味しいし、まぁどこのスイーツ店でも美味しいんです。
日本でももっと手軽に食べれたらいいのになぁ~と思い、一度だけ作ったことあります(^^)
でもマンゴーも高いのでなかなかお手軽というわけにはいきませんね・・・。


↓ポチっと押してもらえると励みになります♪

にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
にほんブログ村

2015/02/23

マカオの鳥かご

マカオで私が好きな風景がある。
それはこの鳥かごのようなベランダ。
以前は香港でもちょっと見かけたけど、もう郊外でも見ないかな?
昔、深圳にちょっと縁があり、かなりの頻度で滞在していたのですが、深圳にもこの鳥かごベランダがたくさんなりました。珠海にもあったなぁ。

この鳥かごのようなベランダ、一戸一戸でデザインやカラーが違って、オシャレに見えません?
しかもマカオはちょっと香港と違って、ポルトガル風のデザインも多いから余計にかもしれません。

なぜこのような鳥かごをつけるのか?泥棒防止なのです。
以前はとても治安が悪かったマカオ。私が香港に住んでいた2000年くらいまでは、マフィアの抗争も激しく、街中で銃撃戦があったり、カジノ前には必ずと言っていいほど大勢の警官が常に見張っていて、一度「カジノに行ってみたい!」と現地に詳しい知人にお願いしてみましたが「行ってもいいけど、命の保障はないよ」と言われました・・・・。
今のカジノを見ていると、あの治安が悪かった頃のマカオがウソのようです。


マカオは旅行者があまり訪れないマカオ半島の真ん中や北部の国境エリアには、こうした昔懐かしい風景がまだたくさん残っています。
香港とはまた違った、ノスタルジックな風景を楽しむのもマカオの楽しさのひとつです。




↓ポチっと押してもらえると励みになります♪

にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
にほんブログ村

2015/02/22

旧正月あれこれ~日本で感じる旧正月

香港の皆様は今日で旧正月休みも終わりでしょうか。
日本にいると「旧正月」を意識していないとうっかりしがちですよね。暦の関係で毎年日付が違うし。
アジアではお正月を旧暦で祝う国が多く、韓国、シンガポール、マレーシア、ベトナム、インドネシアなどは新年と旧暦と両方をお祝いします。旧暦で祝わないのは日本くらいのもの!
フィリピンも旧暦でお祝いしなかったそうですが、2012年より旧正月元旦は特別祝祭日として祝日になったそうです。日本もフィリピンに見習って祝日にしてくれないだろうかしら????

逆に「なぜ日本は旧暦でお祝いしないの?」と聞かれることもしばしば・・・。

実は明治維新の前までは日本も旧暦でお祝いしていたそうです。
維新後に新年を1月1日の元旦に改めたのだとか。
改めなかったらどうなってたんでしょうね~。
ただ単に祝日が増えるから嬉しいだけなのですが・・・(笑)。

日本で唯一、新年と旧正月の二つをお祝いするのは沖縄県です。
近年は新年を祝うのみの風習が主流になっている沖縄も、昔からの風習で新年と旧正月と両方お祝いする家庭もまだ多いそうですね。


毎年この時期になると、日本にはたくさんの中国人観光客がやってきます。
広東語が聞こえると「あ、香港人だな~」と思って話しかけたり、日本のオススメを教えてあげることも時々ありますが、本当に年々増えてる気がします・・・中国人が!
ビザの規制緩和があったあたりから、本当に毎年徐々に増えてるのを肌で感じます。
繁華街は当たり前ですが、最近では郊外でも大きなスーツケースを抱えた中国人がたくさん居てびっくり。

日本もいつか旧正月をお休みにしてくれるかな?と思いつつ、来年の旧正月は香港で過ごしたいなと思います。



↓ポチっと押してもらえると励みになります♪

にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
にほんブログ村

2015/02/21

初詣はどこへ行く?~林村許願樹

お正月はやっぱり初詣。
お参りして昨年のお礼と今年一年のお願いをするのは香港も一緒。
香港で一番メジャーなのは【黄大仙】。日本で言う「明治神宮」のようなところ。旧正月期間はとにかく凄い人。
沙田の【車公廟】も凄い人混み。幸運の風車を回しにたくさんの人が訪れます。


そして忘れないで欲しいのが、願い事が叶うと言われるパワースポットの【林村許願樹】
新界・大埔の林村にある巨大な木は樹齢500年だそうで、昔から願い事を叶えてくれる「願掛けの木」として人気です。2本あって片方は「健康」、もう片方は「恋愛」を祈願する木でした。
私が住んでいた2000年当時はまだガイドブックにも出ていなくて、本物のミカンに札のついた紐を括りつけて、木に投げて引っかかったら願い事が叶うと言われていました。
高いところに引っかかると、願いが叶う確立が高いそうです。

しかし・・・徐々に重くなった木は重さに耐え切れず、2005年の旧正月に折れてしまったのです!!!折れた枝にぶら下がっていたミカンは1トン近くあったとか・・・。
多くの怪我人も出て大きなニュースになりました。
ぶら下がったままのミカンでカラス被害が深刻だというニュースも聞きましたね。
最近では保護のために、プラスチック製の軽いミカンにお札を付けて投げるそうです。
軽いけど上手く引っかかるのかしら・・・?

ちなみに今ある樹木は中国から運んできた木だそうです。
本物の老木は引退して、みんなの幸せを暖かく見守ってくれてるでしょうか。

さて、そんな【林村許願樹】ですが、旧正月期間は【香港許願節2015】が開催されています。
ランタンが飾られたり、伝統的な旧正月の料理が出たり、いろんなイベントがあるようです。
観光客向けのイベントというより、地元の人のお祭りな感じですが、中心地では味わえないローカル感を楽しんで欲しいな。
3/5まで開催されています。

【林村許願樹】
住所:新界大埔林村
行き方:MTR大埔墟駅A3出口または太和駅より64Kまたは64Pバスで馬莆停留所で下車。
林村サイト:http://www.lamtsuen.com/



↓ポチっと押してもらえると励みになります♪

にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
にほんブログ村

2015/02/20

旧正月のタブーと赤い下着



香港では旧正月にやってはいけないことがたくさんあります。

例えば・・・・

掃除をしてはいけない ⇒ 運を履き出してしまう
散髪してはいけない ⇒ 運を切ってしまう
刃物を使ってはいけない ⇒ 上の意味と同じで運を切ってしまう
靴を買ってはいけない ⇒ 運を逃す
白いものを食べてはいけない ⇒ ”死”を意味するので縁起が悪い

などなど。
なので美容院は旧正月前は大変混雑しています。日本でもそうですけどね。
他にも買い物をしちゃいけないとか、お金を貸してはダメだとか、すべて「縁起が悪い」から駄目なことがたくさんです。

逆にお正月に是非してほしいことは・・・

赤の下着をつける!

香港では赤は縁起の良い色で、結婚式などオメデタイことには欠かせない色。
旧正月前になるとあちこちで赤い下着が発売されます。
グンゼのようなおへそまでしっかり!な下着も多いですが、
女性下着ブランドのワコールからセクシーな赤い下着が発売されていたり、
ユニクロでも赤い下着を発売していたようですね。
もちろん、男性用の赤い下着もたくさん販売されています。
日本じゃなかなか真っ赤な下着を手に入れるのは簡単なようで難しいようです。

・・・おばあちゃんの原宿・巣鴨に行けば赤い下着、いつでも売ってるかな?


新年早々、よいことがありました。
先日、参加しているにほんブログ村の香港カテゴリでランキング1位をいただきました(^^)
香港のプロフェッショナルが多い中、唯一日本在住というハンデを持ちながら(しかも3年未渡航) 、たくさんのウンチクファンの皆様に応援いただいた結果です。
「香港ウンチク話」は私の力だけではなく、ファンの方の励ましやサポートあってのページです。
1位を取れたのは嬉しいですが、ランキングに囚われることなく、皆さんに楽しんでいただける香港情報を配信していけたらいいなと思っています。

いつもたくさんの応援、ありがとうございます。そしてこれからもよろしくお願いします。


↓ポチっと押してもらえると励みになります♪

にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
にほんブログ村

2015/02/19

恭喜發財!~旧正月の挨拶広東語

恭喜發財!
香港は旧正月元旦を迎えました。
香港人の友人からも「あけましておめでとう」のメッセージをたくさんいただきました。
日本では「あけましておめでとう」「今年もよろしく」程度の挨拶ですが、香港ではお正月の挨拶の言葉がたくさんあります。

まずは・・・

恭喜發財(ゴンヘイファッザイ)
まずはこの言葉。恭喜は「おめでとう」、發財は「お金が儲かりますように!」という意味です。
日本語の「あけましておめでとう」の意味で使います。
ちなみに・・・中国語で「あけましておめでとう」の意味で「新年好」という言葉がありますが、香港ではあまり使わないので大陸で使う言葉かなと思います。
「新年快楽」は使いますけどね。

そしてその次に縁起の良い四文字熟語を並べます。
よく使われる言葉はこんな感じです。

萬意如意 ⇒ 物事がすべてうまくいきますように!
龍馬精神 ⇒ 龍のように不祥不屈の精神で!
心想事成 ⇒ 願い事が叶いますように!
生意興隆 ⇒ 商売繁盛しますように!(自営業の方にはオススメ)
身體健康 ⇒ 健康でいられますように!
大吉大利 ⇒ めでたいことがたくさんありますように!

こんな感じです。
香港人の友人などに送ったら喜ぶと思いますよ〜。


私から皆様に・・・・

恭喜發財!羊年到! 咩咩咩〜。
祝大家新年快楽!!
萬意如意!心想事成!身體健康!




↓ポチっと押してもらえると励みになります♪

にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
にほんブログ村

2015/02/18

お正月に飾る黄色いキツネ

旧正月も近いので、この時期に良く観られる風景を。
香港では旧正月に花を飾るのは必須です。
【花開富貴】という言葉があって、花が咲くようにお金で満たされると言われていて、お正月にお花を飾るのは縁起が良いとされています。
普段、花なんて飾らない人も旧正月だけは飾るらしいですよ。

中でも蜜柑や金柑、フォックスフェイス(角茄子)、桃、水仙、万年竹などは定番で必ず見かけますね。
万年竹は最近日本でも見かけますが、フォックスフェイスを初めて見たときは「この植物は何?」と驚きました。キツネの横顔に似ていることから「フォックスフェイス」という名前が付いたそうです。
広東語では【五代同堂】と言い、5つの突起が家族5世代を意味し、子孫繁栄の縁起物とされています。
日本じゃまず見かけないですね~。

ナス科の植物なんですね。食べれるのかな?食べないけど。



↓ポチっと押してもらえると励みになります♪

にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
にほんブログ村

2015/02/17

ひとこと広東語~「テイクアウト」はこう使い分ける

「持ち帰り/テイクアウト」の意味の広東語が香港にはいくつかあります。
打包(ダーバウ)、外売(オイマイ)、拎走(レンザウ)。
日本語ならば「持ち帰り」とか「テイクアウト」で済みますが、この3つをどう使い分けたらいいのか、分からなくなったりしませんか?

『打包(ダーバウ)』
飲食店で食事をしていて、余った食事を持ち帰りたい場合はこれです。
「包んで持ち帰る」という意味です。
お店の人に「打包、唔該(ダーバウ、ンコイ)」と言えばパックに入れてくれるところがほとんどです。日本ではどこでも・・・というワケにはいかないですよね。

『外売(オイマイ)』
テイクアウト専用のメニューやカウンターがあるところはこれを使います。
例えば・・・茶餐廰でもテイクアウトできるところが多いですよね。メニューに「外売歓迎」と書かれているところも良くあります。
そんなお店で最初から持ち帰りしたいときは「可唔可以外売?(ホンホーイーオイマイ)」(持ち帰り出来ますか?)と聞けばいいです。あとはデリバリーしているお店などもこちらを使います。
私は茶餐廰で奶茶をテイクアウトしたいときとか、スイーツ店で持ち帰りしたいときによく使っています。

『拎走(レンザウ)』
聞きなれない単語かもしれませんが、これはファストフードでよく使う言葉かなと思います。
店員さんが「こちらでお召し上がりになりますか?それとも持ち帰りますか?」と聞いてきますが、このときの広東語が「喺度食? 拎走?(ハイドウセッ?レンザウ?)」です。
店内で食べることが前提だけど配達を行っていないので自分で持って帰るときはコレ。


私、香港駐在2ヶ月目くらいでマクドナルドでのオーダーの仕方を香港人の友人に教わり、マクドナルドだけはオーダーが広東語で問題なく出来たのです(自慢)。ちなみにマクドナルドの注文のやりとりはこんな感じ。他のファストフード店でも使えると思うので是非参考までに~!

 店「歓迎光臨」(いらっしゃいませ)
 私「B号餐、唔該」(Bセットください)
 店「飲咩呀?」(お飲み物は何にしますか?)
 私「可樂、唔該」(コーラにしてください) 
 店「喺度食? 拎走?」(こちらでお召し上がりになりますか?それとも持ち帰りますか?)
 私「拎走、唔該」(持ち帰りでお願いします)


香港で「持ち帰り」するときは、是非使い分けてみてくださいね。



↓ポチっと押してもらえると励みになります♪

にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
にほんブログ村

2015/02/16

香港には野生の水牛が生息している!


香港に野生の水牛がいるのをご存知でしょうか?
香港と言えば高層ビルばかりで、そんな野生動物が生息するとは想像つかない人もいるのでは?


目撃スポットその① ランタオ島南部ビーチ
上長沙ビーチや貝澳ビーチあたりでのんびりしていると、ビーチを横切る水牛の群れが出没することがあるそうです。
観光であまり訪れる場所ではなく、香港人やランタオ島住民などが海水浴を楽しむ場所ですね。
周辺住民の方の中には家の前に居た・・・なんて方もいるそうです。朝起きて家の前に水牛が居たら怖いな(笑)。

ビーチ以外でもハイキングトレイルなどでの目撃情報あり。
昴平と大澳、愉景湾では私は見かけたことないですが、この辺りにも出没するのかしら?

目撃スポットその② 新界・錦田
この辺りもランタオ島同様、湿地帯なので水牛が好むようです。
錦田のどの辺りなんだろう・・・気になります。錦田水牛スポットご存知の方がいたら教えてください!

現在、野生の水牛の数は1,000頭あまりだそうで、すべてが野良水牛だそうです。
元々は農業用として飼われていた水牛が放置されて繁殖しちゃったんでしょうか?
人間が与えた餌などで体調を崩す水牛も多いそうです。
また、近年は水牛を保護する団体がランタオ島で発足し、人間と共存していく計画を立てたり、保護活動を行っているそうです。

むやみに近づいたり餌を与えたりせずに、遠目からそっと鑑賞しましょうね。



↓ポチっと押してもらえると励みになります♪

にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
にほんブログ村

2015/02/15

香港人写真家・ERICさんと作家・星野博美さんのトークショー

2/22まで渋谷・アツコバルーにて香港人写真家ERICさんの写真展「GOOD LUCK HONG KONG」が開催されています。

ERICさんはご両親が中国出身で文化大革命の頃に香港に密入国されたそう。ERICさんは香港で生まれ育ちました。19歳から日本で暮らし、写真を学んだそうですが、そんなERICさんが見た中国、そして昨年の雨傘革命の写真が展示されているのが今回の写真展です。

昨日は作家の星野博美さんとのトークショーがあり、いそいそと参加してまいりました。
星野博美さんは香港迷のバイブルとも言える転がる香港に苔は生えない の著者で、ご自身も86年に香港に暮らし、香港中国返還などを体験してきた方です。
『転がる~』は何度も読み返している私のお気に入り。読んだことない方は是非一度読んでみてください!!

そんなお二人のトークショー、面白くないわけがないっ!
ERICさんの生い立ち、中国への思い、香港への思い、そして昨年起こった雨傘革命のこと、これからの香港について・・・などなど。
ERICさんが雨傘革命で撮影した動画と写真もたくさん見せていただきました。
多分、香港迷じゃないと話がついていけなったと思います(笑)。

そんな深い香港話を真面目に、でもユルい感じで、分かりやすくトークしてくださいました。
お二人ともステキで気さくな方で、著名人のトークショーというより、香港が好きな仲間が集まって香港の話をした・・・そんな感じでした。

一国二制度が終わる2046年には、今の香港文化はもう終わっているかもしれない・・・みんなが大好きな香港がないかもしれない・・・そんな不安に駆られました。
私が住んでいた2000年当時の香港と今の香港も大きく違います。行く度に肌で感じます。
これからもっともっと中国になっていくんだろうか・・・。


それでも私は香港を愛する気持ちはいつまでも持ち続けるつもりです。
本当に素晴らしいトークショーでした。



↓ポチっと押してもらえると励みになります♪

にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
にほんブログ村

2015/02/14

旧正月に香港に行ったら獅子舞を見て欲しい!

銅鑼灣・ビクトリアパークでは毎年恒例の【年宵花市】が始まりました。
年末を過ごすためのお飾りの販売やその他関係ないショップなどが大晦日まで開催され、旧正月前の風物詩です。
これが始まるといよいよ年末だな~って感じですね。
銅鑼灣だけでなく、旺角や黄大仙などあちこちの公園で開催されますが、ビクトリアパークの【年宵花市】が一番巨大で人出も凄いです。お正月前のアメ横を想像してもらえればいいかな。あの数倍の混雑ですが・・・・。

香港と日本のお正月での共通点は『獅子舞』
日本では噛まれると縁起が良いですが、香港でも同じなんです。
違うのは、噛まれたら利是(レイシ/お年玉)をあげなきゃいけないんですね(笑)。
ショッピングモールやオフィスにも出現して、お店の前に縁起物として吊るされた野菜を食い散らかして去っていくところも日本と違うところかな。
香港の獅子舞はお正月だけではなく、お店が新しくオープンするときや会社の創立記念日
などお祝い事には欠かせない存在です。

香港の獅子舞はダンスが凄い!
飛んだり跳ねたり躍動感があって、思わず拍手喝采してしまいます!

旧正月期間に香港に滞在される方、ショッピングモールやホテルなどあちこちに出現しますので、是非ご鑑賞してみてくださいね。




↓ポチっと押してもらえると励みになります♪

にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
にほんブログ村

2015/02/13

香港はいつでも手軽に豆乳が飲める!

香港で昔から老若男女問わず親しまれているのが【豆乳】
お粥屋さん、麺屋さんには当たり前のように置いてあるし、街中のジューススタンドでは絞りたてが飲めるし、スーパーやコンビニに行けば手軽に飲めるサイズが売っている。
飲みやすい味もあれば、濃い味もあります。
豆乳は広東語で『豆漿(ダウジョン)』と言います。

管理人はコンビニでお手軽に買える維他奶(ビタソイ)が大好き。
日本で言うヤクルトとかミロみたいな感じ?香港では子供の頃にはみんなが飲んでいたと言っても過言ではないそうです。
麦芽のビタソイが好きで、重いのは分かってるけど小さな紙パックのまとめ買いをしてしまいます。
普通の紙パックより少し小さいサイズで(ヤクルトミルミルと同じ?)、10パックくらいで200円くらいなんです。ヤクルトより安いんじゃないかしら?
重いけどばら撒き土産にも結構いいですね。貰ったこともあげたこともあるけど、女子ウケします!

日本ではあまり豆乳を摂取することがないのですが、香港に行くと飲みたくなる。不思議ですねぇ。


↓ポチっと押してもらえると励みになります♪

にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
にほんブログ村

2015/02/12

香港映画『寒戦』(コールドウォー)を観た

2012年、香港映画界で大ヒットとなった寒戦(コールドウォー)をやっと鑑賞しました。
日本では昨年、劇場公開されたのですが、ワタクシ見逃しました・・・・。
3年前に香港に行ったときに、香港人友人に「最近のオススメ香港映画ある?」と聞いたところ、3人全員が【寒戦】と応えました。
「これは本当の意味の香港映画なのよ」と言っていた友人がいました。
久しぶりの純粋な香港資本の映画なのです。
最近は大陸資本や合作の映画も多くて、香港映画と中国映画の区別が付かないものも多いですよね・・・。

ストーリーは警察の内部汚職を描いたもの。
2002年に大ヒットした『無間道(インファナル・アフェア)』とはまた違った視点の警察映画。
これは完全に男の人が好きな映画だろうなぁ~。
私、自他共に認める映画バカで香港映画もそこそこ観てるはずなのですが、郭富城(アーロン・クォック)の主演映画は初めて観たかもしれません。
もちろん、彼のことは知ってますが演技している彼は初めてでした。元ダンサーだったことすら忘れてました(笑)。
そしてもう一人の主役・梁家輝(レオン・カーフェイ)。久々の彼にも驚きました!
愛人ラ・マン】の頃とは全く別人みたい(笑)。
でも味のある俳優さんになったな~。

少しストーリー展開が速い部分もありますが、私は十分に楽しめました。
多分、続編やるんだろうなぁ。
続編には發哥が出演するかもと小耳に挟みましたが、真相はいかに???



↓ポチっと押してもらえると励みになります♪

にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
にほんブログ村

2015/02/11

今が本当に100万ドルの夜景

香港の夜景を初めて観たときは、本当に綺麗だなーと感動しました。
でも香港に住んでいるとその夜景が当たり前になってしまい、クリスマスシーズンが始まってビルが装飾されて行くとさらに煌びやかになり、それが当たり前になってしまうんです(笑)。
今の時期が本当の「100万ドルの夜景」だなーと思います。
元宵が終わって旧正月のネオンが終了すると、途端に寂しくなる・・・という気持ちは、香港在住経験のある方だとわかっていただけるでしょうか?

でも日本に帰国して、最近では東京のネオンも煌びやかになっているけど、それでもやはり香港のソレとは違うなぁと実感しています。
年に一度はあの夜景を見ないと、やっぱりどうにもスッキリしませんね。
早く見に行かないといけません!



↓ポチっと押してもらえると励みになります♪

にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
にほんブログ村

2015/02/10

創業60年続く蝦仔麺~元朗・好到底麺家

私が住んでいた頃は新界への交通網はバスしかなく、元朗や屯門はちょっと遠い場所でした。
MTRの開通で手軽に行けるようになったのは嬉しいです。
中でも元朗は新界でも私がお気に入りのエリア。ローカル溢れる風景がまだたくさん残っています。
そんな元朗にはオススメグルメがたくさんありますが、香港ローカルフード蝦仔麺の有名な【好到底麺家】は一度は是非足を運んで欲しいお店のひとつです。
以前は旺角と湾仔に乾麺を売っている売店があったけど、なくなったのでしょうか?

「蝦子撈麵」とは海老の卵を乾燥させたもので、汁なしの麺にこの乾燥蝦仔をかけ、上湯スープでほぐしながら食べるものです。
私、これが香港大好物フードのひとつです。
【好到底麺家】は創業60年の老舗。
昔、まだ交通網が今ほど発達していない時代に、香港島からわざわざ3時間ほどかけてでも食べに行く人がいたとか。
今でもちょっと時間はかかるけど、わざわざ足を運んでいく価値はあるかなーと思います。
麺にコシがあって美味しいんですよね。蝦仔も美味い!
他にも雲呑麺も人気だし、煮込んだ大根に蝦仔を振りかけた「蝦仔蘿蔔」もオススメ!

店頭で麺と蝦仔が販売されているので、お土産
にもって買えるのにもいいですね。
お店はいつも混雑しているので、ちょっとお昼時を外して行くと比較的スムーズに入れます。
並んでいたとしても回転率が高いので、それほど待たないと思います。

それにしても・・・私が行った2010年には35HKDだった「蝦子撈麵」、さっきOpenriceをチェックしたら現在は50HKDなんですね・・・。5年で15HKDも値上げ・・・しかも円安・・・。
どれだけ値上がりしちゃうのか怖いですが、それでも美味しいので是非足を運んでみてくださいね。



【好到底麺家】(Ho To Tai Noodle Shop)
住所:G/F, 67 Fan Tsoi Street, Yuen Long, N.T.
TEL:2476-2495
営業時間:8:00-20:00


↓ポチっと押してもらえると励みになります♪

にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
にほんブログ村