2018/04/20

西貢で発見したワクワクする食器屋さん~同坐軒@西貢

西貢の旧市街にあるメインストリート「市場街」をズイズイと奥まで歩くと左手にあるのが【同坐軒】
オーナーの謝さんは女性で、景徳鎮や中国や香港の若い芸術家の作品を取り扱っている器のお店です。
お土産・・・というよりは、自分のお気に入りを見つけたいお店。
都合により今回は購入しませんでしたが、食器好きの私はウズウズウズしてしまうものが多かったです。
許可をいただいて撮影させていただいたのでご紹介しますね!

Googleマップで見るとこのお店はまだ存在していません。以前はマリンショップだったようです。

当然のように茶器もいろいろ揃っています。実用的なもの、おしゃれなもの、レトロなもの、いろいろです。
景徳鎮っぽいデザインのものもありますね。

一瞬、和食器かと思うような小皿もあり。日本でも十分使えそうなものばかりです。

桜が描かれた食器発見~!すべて湯呑みでした。

和でも中でもない洋の器もありました。これは何に使うものか聞きそびれました・・・すみません。

気に入った食器その①。無と書いてあってその周りをウナギ?のような魚が渦巻いています。これ買えばよかったなぁ。

気に入った食器その②、お魚マグカップ!あぁ、これも買えばよかった・・・。

恐らくこれが一番気に入りました!!茶碗より少し大きめの器。中国っぽい?香港っぽい?だけど新しいおしゃれな器。「福」と「寿」が欲しかったなぁ。

HPもない新しいお店です。
西貢に行って食器を買う!と言うのもアリだなぁと思いました。
街中にあるザ・チャイナな食器でもなく、香港っぽい食器でもなく、素朴でオシャレな食器を見つけてみませんか?

*営業時間は不明です・・・。

【同坐軒/Take aBreak】
住所:西貢海傍街11
(No.11, G/F Hoi Pong Street, Sai Kung)
電話番号:2956-1616


2018/04/18

西貢は海鮮料理だけじゃない!旧市街散策

西貢(サイクン)と言えば海鮮料理が有名な港町。
郊外の町ですが新鮮で安く海鮮料理が味わえるので観光客に人気のスポットです。
最近は欧米人の観光客も多く、ちょっと観光地化してしまってお値段も高くなりましたが・・・。
昨年6月に渡航したときに西貢に行く機会があったのですが、目的は海鮮料理ではなく旧市街地。
海沿いの海鮮街をもっと奥に進むと、狭い路地に住宅や家が密集しているエリアがあります。

皆さんがご存知の西貢はこんな感じでしょうか。海辺にたくさんの海鮮料理店が立ち並んでいます。

漁船やヨットがたくさん並んでいるハーバー。
これからの時期はボートトリップに出る香港の若い人たちも多いでしょうね。

西貢碼頭からは離島に行くフェリーも運航しています。
住んでいた頃にはここまで足を伸ばすことがなかなかなかったのですが、いつか行ってみたいな。

旧市街のメインストリート「市場街」。飲食店もあるけどおしゃれなカフェもあったり、昔ながらの商店もあったり。何となく懐かしいような雰囲気。新旧が入り混じりながらも風情があって楽しいです。

こんな狭い路地もたくさん。どこに何があるのか?歩くだけでもワクワクしちゃう!

路地をちょっと除くと、西貢の人々の生活に触れることが出来ます。
軒下にぶら下げられた鳥かごとか、玄関前に干してある洗濯物とか。家の前にボートが立てかけてあるのも西貢ならではの風景。

アイスクリーム屋さん?麺屋さん?フォトジェニックな風景が多くてどこにカメラを向けたらいいのか迷うww

路地裏の小さなお店の前で売られていたザクロジュース(紅石榴汁)と手作りの杏仁餅。
こういうのいいなー。

昔ながらの酒屋さん。右の看板に使ってあるフォントは昔の香港でよく使われたフォントなんですって。レトロで可愛い!この看板がほしい(笑)。

「市場街」を突き当たりまで進み、路地を右に入ってウロウロしてみました。小さな路地なので特に通りの名前もなく、どこに何があるのか良く分からなくてとても楽しかった!
ここでいくつかのお店に入りましたが、そのご紹介はまた後日!
私が知っている「西貢」とは違った顔がたくさん見られて、新しい発見ができました。
香港は小さな街ですが、何度訪れても本当に飽きません。不思議だなぁ。

これから暑くなる香港。暑くなると離島とか海沿いの街でのんびりしたくなりませんか?


 香港ウンチク話Instagram  → こちらをクリック

 香港ウンチク話Facebook  → こちらをクリック

2018/04/16

東京で本格的焼味が食べられる広東料理店~錦福・香港美食@九段下

2月に九段下にオープンした【錦福】さん。
ずっと行きたくて行きたくて、やっと行く時間が出来ました。
香港つながりの方々と6名で行ったのでいろいろオーダーしちゃった!
今回は完全に「肉」に重点を置きましたので悪しからず(笑)。

オーナーシェフの鞏さんは福臨門に13年もお勤めされたそうです。期待大!!

メニューはいたってシンプル。スイーツはありませんので悪しからず。
お酒はワインの種類が豊富でした。
メニューには海老もありますが、メインは「焼味」のようです。

付け合せにいただいた『泡菜』。中華ピクルスです。漬け具合がちょうど良くて私好み~。

『松花皮蛋(ピータンと味付け若ショウガ)』、ピータンの黄身がとろっとろ~!これよ、ピータンはこれが美味しいの!もうこれだけでも満足!

『鹵水牛肉(味付け冷やし牛スネ肉)』、メチャ美味しい!手間をかけてるのが分かる一品。

『脆皮焼肉(皮つき豚バラ肉の焼き物)』は皮がパリパリサクサク!これ、パリパリにするのって結構大変なんです。以前、お料理教室で習ったけど、こういう風にパリっとサクっとさせるのはすごく手間。想像通り美味しかった!

『蜜汁叉焼(焼きチャーシュー)』もハズレない美味しさ。パサパサしているお店もあるけど、ここのはしっかりジューシーでした。

まってたよー!アヒルちゃん!
『港式焼鴨(香港式の焼きアヒル)』、美味しさがギュっと詰まってて文句なし!日本でアヒルが食べられるなんて嬉しい~。

『貴妃雞(蒸し鶏の冷菜)』も美味しい。何もかも美味しいじゃないか!

『港式東坡肉(香港式豚バラ煮込み)』、味付けもGood!豚の脂が甘くて美味しい~。これで白飯2杯食べられる自信あり!

せっかくなので海老も一品オーダーしました。
『避風塘鮮蝦芦笋(避風塘風エビとアスパラの炒め物)』、ハズレない。これもハズレない。美味しい。アスパラの塩加減もよく、海老も大きくて美味しい!

お野菜は『清炒時菜(季節の野菜)』は「ターサイ」で。ガーリック炒めではなく「清炒」にしました。こんなに大盛り!香港みたい!

シメにオーダーしたのがこれ!
『鶏粒鹹魚炒飯(中華ハムユイと鶏肉の炒飯)』にしました。
もー、これが絶品!日本で鹹魚炒飯が食べられる嬉しさ~!!!

ご飯を食べるので・・・と一緒に行った友達がお店の方にお願いして出していただいたスープ。このスープ、ランチセットに付いているそうですが、もうこれも絶品なの!
日本の中華料理屋で炒飯と一緒に出てくるスープを想像したあなた、全然違います!!

大勢だったのでいろいろオーダーできましたがどれも美味しかったです。
どちらかというと、少人数で行くよりも4人くらいで行ってあれこれオーダーしたほうが良いかもしれません。

平日夜にお伺いしましたが、結構席も埋まってたし、私たちのように香港好きなメンバーもいれば、鞏シェフをご存知な方もいらっしゃったり。
お店の雰囲気は特に香港ではありませんが、胃袋は完全に香港でした!!!

今度はランチタイムに行ってみたいと思います。
焼味好きの香港迷さん、是非是非足を運んでみてください~。


【錦福・香港美食】
住所:東京都千代田区九段北1-9-12
電話番号:03-3511-2202
営業時間:ランチ11:00-15:00、ディナー17:30-22:00


 香港ウンチク話Instagram  → こちらをクリック

 香港ウンチク話Facebook  → こちらをクリック

2018/04/11

香港人オススメの伝統的香港菓子

香港の伝統的なお菓子は好きですがいつも買うものは決まっています。
「奇華餅家」でよく買う『馬仔(マーザイ)』はほぼ毎回買って帰る定番。
多分、日本人の誰でも食べやすい中華菓子。私は朝食に食べたりします。フワフワっとしていて美味しいんですよね。
気に入るとそればかり買ってしまうのであまり冒険をしないのですが、最近香港人の友人にいただいたお菓子があまりにも美味しすぎたのでご紹介しますね。

■馬仔・・・元朗合興
なにこれぇぇぇぇぇ!!!と目からウロコだった『馬仔』。
今まで食べていた「奇華餅家」の『馬仔』はなんだったんだ??いや、あれでも十分美味しいけど、こっちのほうが数倍美味しい!!!
あっという間に完食してしまいました。
『馬仔』は小麦粉と卵を混ぜてから揚げたシンプルなものをハチミツや黒糖でまとめたものなのですが、フワフワ感と意外としっかりした味に感激。これはもう次回買いに行く!!

■花生糖・・・元朗合興
ナッツ好きの私が悶絶してしまったコレ。よくある『花生糖』はピーナッツをハチミツや砂糖で固めただけのものなのですが、これはピーナッツがペーストになって固めてあります。メチャクチャ美味しくて、ナッツ好きの母も悶絶したそうですww。

■米通・・・元朗合興
米とピーナッツを揚げて砂糖で固めたもの、雷おこしにとても似てます。これもサクサクしていて美味しかったー!!

上でご紹介した菓子は【元朗合興】というお店のもの。実際、お店は元朗にはなく荃灣にあるようです。
また、定期的にショッピングモールなどに出展しているようなので、公式サイトを確認してみてくださいね。
また、香港にお住まいの方は公式サイトよりネット購入も出来ます~。
4月は16-20日は中環のフェリー乗り場7号にて販売他、九龍城、筲箕灣、黄大仙、藍田などちょっと郊外のショッピングモールに出展しているようです。

【元朗合興餅家】
住所:荃灣青山公路荃灣段264-298號南豐中心1樓A134號舖
(Shop A134, 1/F, Nan Fung Centre, 264 Castle Peak Road, Tsuen Wan)
営業時間:10:00-21:00
■公式サイト:http://yuenlonghophing.com/work/main.html

さて、もうひとつこちらもご紹介。

■合桃酥(アーモンドクッキー)・・・順香園
真ん中にクルミがのったクッキー、よく見かけますよね。こちらはクルミではなくスライスアーモンドがのっていました。とにかく大きい!!
わかります?どれだけ大きいかww。しかも厚い!!
味は素朴でシンプルですが、サクサクホロホロで美味しかったです。どこか昔懐かしい感じの味がします。

■嚤囉酥・・・順香園
なにこれー!!!初めて食べました。パンの中にもち米のお饅頭が入っているようなもの。ずっしり重くて食べ応えあり。甘さも控えめでペロっと食べられちゃう!

こちらの2つは【順香園】というお店のもの。お店?工場?は火炭の商業ビルの中にあるようで、直接行って買えるようだけど、ちょっと行きにくいかな?

【順香園】
住所:火炭山尾街23-25號宇宙工業中心4樓B座
(Flat B, 4/F, Universal Industrial Centre, 23-25 Shan Mei Street, Fo Tan)
営業時間:月-金9:00-17:30

1月の香港旅行で友人から母にまでいただいたのですが、母もどれも気に入ったらしく、香港で買ったお菓子の中で、このいただいたお菓子が一番美味しかったそうです(笑)。
まだまだ知らない伝統的菓子はたくさんあるので、いろいろ試したいな!


 香港ウンチク話Instagram  → こちらをクリック

 香港ウンチク話Facebook  → こちらをクリック

2018/04/09

ウンチク家がストックしている調味料・食材、大公開します!

香港に行く目的のひとつに「調味料と食材の買出し」があります。
日本で買えるものもありますが、やはりメイドイン香港、香港製造にこだわりたい!日本に売っていない調味料も欲しい!
最近は母もすっかり香港調味料の虜で「これで○○が作れるよ」とレシピを渡すと作ったりしてくれるので嬉しい。
我が家のキッチンにはいつのまにか香港の調味料・食材がたくさん!

私が普段どのような調味料、食材をキッチンにストックしているのか、どれが使い勝手がいいのか、皆様に伝授したいと思います。
中にはどうしても購入先を、ブランド名を明かしたくないものもありますのでご了承くださいませ。

■使い勝手NO.1■
*チキンパウダー・・・KNORR(クノール/家楽牌)清然雞粉
このチキンパウダーは本当に便利。日本でも「丸鶏がらスープ」ってあるけど、味が全然違う。炒飯に入れたり麻婆豆腐や炒め物に入れたり、これと胡麻油だけでナムルも出来るし、スープに入れてもいいし。
毎回買ってる必需品です。写真はちょっと大きめの缶ですが、この半分のサイズの缶と袋入りがあります。黄色じゃなくてこの緑のMSGを使っていないタイプがお気に入りです。
スープストックもいいけど、結構使い切れなくて慌ててスープにしちゃたりするんですよね。使い勝手がいいのはパウダータイプです。

■使い勝手NO.2■
*オイスターソース
香港には数多くのオイスターソースが販売されています。最近は香港で牡蠣の産地と言われている「流浮山」のものが好きですね。これはそのまま食べるのが最高です。

スーパーに行けばこんなにたくさん種類があるので迷います~。左のチューブタイプは便利。右のパンダ柄も可愛いのでお土産にぴったり!

スーパーで売っているオイスターソースの中では李錦記「瑤柱蠔油」(貝柱入り)が断然オススメ!甘みがあって美味しいー!
これは調理用に使い、上の「流浮山」産のものはオイスターソースをそのままいただくときに使います。
炒め物からソースにも使えるのでこれも我が家にはなくてはならない調味料のひとつです。

■使い勝手NO.3■
*XO醤・・・蘇太精緻装XO醤
我が家になくてはならない調味料、XO醤。
いつも常備しているXO醤ブランドは内緒にしておきたいので、お気に入りNO.2のXO醤をご紹介します。
蘇太名醤というブランドは蘇さんと言う料理好きの奥さんが作るXO醤が美味しくて商品化したブランド。具材が大きくてそのまま食べるのもいいです!辛いのが苦手な方、辛くないものもありますよ!
九龍城に直営店がある他、JuscoやCitySuperなどでも取り扱いがあります。XO醤以外の調味料もあります。

今は高くて買えないけど、1HKD10円時代は奮発して購入したペニンシュラホテルのXO醤。そもそもXO醤とはペニンシュラホテル内の「嘉麟楼」がXO醤発祥なのです。

XO醤ってそもそもどんなもの?なのですが、海老、貝柱、ニンニク、唐辛子などを炒めて作った調味料。炒め物にも使えますが、美味しいXO醤はこのまま食べても美味しいです。
我が家では炒飯に使ったり、野菜炒めに使ったり。香港で買ってきた蝦麺にこれとクノールのチキンパウダーを合えて汁なし麺を作ったり。
これからの時期は冷奴の上にのせたり、たたきキュウリと合えて酒のつまみにしても美味しいです。

■使い勝手NO.4■
*豆板醤(豆瓣醤)
麻婆豆腐率が高い我が家には絶対欠かせない調味料w。
上の写真は購入先・ブランドは明かせませんが、お店で瓶詰めしていたのを母が発見!「ねぇ、あれ何かしら?美味しそうじゃない?」と言うのでお店の人に聞いてみたら、自家製豆板醤でした。これが・・・・メチャクチャ美味しいの!!!!
辛さの中に旨味あり!香港で今まで買った中で一番美味しかったかもー!
街中の調味料屋さんでこうした出会いがあったら、見逃さないでくださいね。

お友達にいただいたものですが大孖醤料の豆板醤も美味しかった!
香港製造の老舗調味料店のもの。美味しくないはずがない!!
豆板醤は麻婆豆腐、回鍋肉、エビチリの他にも中華スープに入れたり、キムチ鍋などにも使えます。

■使い勝手NO.5■
*棗(ナツメ)
調味料ではないですが、キッチンに必ずストックしている食材です。
ナツメは老化防止効果があるし、女性の身体にも非常に良いものとされています。
香港では煮込み料理や家庭で作るスープなどに入れることが多いですが、毎日作るのはちょっと難しい・・・。
香港人の友人に、もっと簡単に摂取するいい方法はないか聞いてみたら、ステンレスボトルに水洗いしたナツメ3粒(ついでにクコの実も)入れて、お湯を注いで放置しておいたら即席ナツメ茶が出来るよ!と教えてもらったので、せっせと作って飲んでいます。
(効果がどれほどあるかは明確ではありませんのでご了承ください)
味が苦手ならハチミツなどを入れると飲みやすいかもしれません。
日本では高いですが、香港だと上環辺りでかなり安く売っています。500g50HKDくらいだったかな?
アレルギー抑制効果期待できるナツメなので、花粉症で苦しんでいる夫にも飲ませ始めましたが効果あるといいなー。

そして、いつもはそんなに常備していないけどあると便利な調味料・食材、ネタ調味料は・・・・

*腐乳ソース・・・廖孖記
佐敦にある有名な調味料店『廖孖記』は腐乳ソースが有名です。無添加なのでこのまま食べても美味しいらしい。私は実はあまり得意ではなく、でも香港で空心菜(通菜)と炒めたヤツだけは大好物ww。
なかなか量が減りませんが、スーパーで空心菜を見かけると「今夜は腐乳ソースを使って炒めよう!」と思います。

*エバミルク・・・黒白淡奶
エバミルクと言えば『黒白淡奶』と言うほど、このパッケージが有名ですね。オリジナルカップも我が家にいくつかあります。
日本のスーパーでは比較的エバミルクは簡単に置いてないので(少なくとも我が家の近隣のスーパーには置いてない)、香港に行くと買いだめしちゃいます。
これを使って入れる香港式ミルクティーは格別。そして黒白淡奶カップで淹れるとさらに格別!

*麻辣鮮露・・・クノール
これ、ご存知ですか?一時は香港中のスーパーから売り切れた!と噂になった「麻辣鮮露」、日本人の漫画家・瀧波ユカリさんがこれにハマってしまい、Twitterで漫画を描いたことから香港迷さんの間で話題になった一品。
https://twitter.com/takinamiyukari/status/948220033607467009
辛党&麻辣好きの方にはオススメかもしれません。
辛い、かなり辛い。山椒が効いていてピリピリする辛さです。香港人友人にネタに貰いましたww
(2月のイベントに参加していただいた方には味見してもらいましたね)

*柱候醤/叉焼醤
柱候醤は煮込み系料理にはオススメ。大根と豬肉or鶏肉or牛肉で簡単に出来ます。
叉焼を作るにはやはり叉焼醤がないとダメ。
ふとしたときにあると便利な調味料です。

調味料を購入して日本に持ち帰るときは要注意!
スーパーで販売しているものはちゃんと密閉されていますが、調味料店のものはフタが緩んでいることが良くあります。
購入したらまずフタを確認してしっかり閉めること。
私は日本からガムテープを持参して、念のため口をしっかり固定させてからビニール袋などに入れたり、エアーパッキン(プチプチ)でしっかり梱包します。

香港で調味料を買うのはスーパーや調味料専門店以外に、レストランなどでその店オリジナルの調味料を販売していることもあります。
そういうところから新たなお気に入りが出来ると嬉しいですね。
私もまだまだ好みの調味料を求めていきます!


 香港ウンチク話Instagram  → こちらをクリック

 香港ウンチク話Facebook  → こちらをクリック